Welcome to Silent hill

週1の楽しみである週刊少年ジャンプの感想や、地元静岡のことについて書く「地域密着型脱力系雑記ブログ」

週刊少年ジャンプ2019年10号は面白い?オススメ漫画はどれ?まとめてみました

f:id:tnkbnbn:20181218182905p:plain


週刊少年ジャンプ2019年10号が発売されました。

今週号は面白い?オススメ漫画はどれ?
と言う訳で今回は、今週号の感想と評価、オススメ漫画を紹介していきます。

 

今回は

  • 今週のオススメ作品は?各作品の感想
  • 来週はどうなる??

以上について書いていきます。

参考になれば幸いです。

今週一番オススメの作品って?

絶対『アクタージュ』!!!!!

今週一番面白かったのは『アクタージュ』です。

舞台編もいよいよ終盤。あと少しで終わっちゃいます。

各メンバーの回想を、劇中で演じているミュージカル作品のストーリーに合わせて紹介していく演出、最高です。

 

最後の最後に来たアラヤくんの回想。

本来役に入り込むアラヤが、完全に個人的な感情を舞台に持ち出してしまい、演技が中断。

そこから”役”に引き戻すために、劇団メンバーが起こした行動に一同涙ですよ…

 

映画編で、

「これ終わったらこの漫画終わっちゃうんじゃないか!?」

っていう不安が一気に出てきたんですけど、今回も同じ事思っちゃってます。

次はどうなるんだろう…期待と不安…

 

その他オススメ作品は?

『鬼滅の刃』『ワンピース』『呪術廻戦』『チェンソーマン』の4作品が面白い!

『鬼滅の刃』『ワンピース』はやっばり安定した面白さがあります。

特に前者は”切ないアツさ”があって良いです

 

『呪術廻戦』『チェンソーマン』は若い作品ですが、メチャクチャ面白い。

どっちも一癖二癖ある作品ですが…

ダークな作品が好きな人は絶対好き。

 

今週の『ワンピース』931話は面白い?

サンジがまさかの…!!!

今週号も結構面白いんですよ。ワンピース。

タイトルが『おそばマスク』。どういうことなんだろう…?

 

読み進めていくと分かりますが、いよいよサンジがジェルマの装備アイテムを使っちゃいます。

黒のスーツなのですが…これが”サンジの夢”を叶えるアイテムで、なおかつ強い。

ジェルマの科学技術に、サンジの体術ですから、そりゃ強いに決まってますよ。

ページワンとサンジがバチバチにやり合う今回の931話、必見です。

 

そんな戦闘もある一方で、ラスト数ページがヤバイです

前回カイドウにやられたあの人が、まさかの形で登場。どうなるんだろう。

 

今週の『呪術廻戦』は面白い?

東京・京都校が手を組む王道展開…?

呪詛サイドの介入が始まりました。

花御vs伏黒・狗巻・加茂の構図に。

 

ドラゴンボールから脈々と受け継がれる「敵だった人物が味方になる」あの展開。

今回は”自然と”そうなってしまったのですが…

加茂が柔軟な思考を持つ人物で良かった。東堂だったら花御も潰して東京校も潰してるでしょうね。

とは言え、京都・東京が手を組む展開になったのはアツい。

このまま花御を倒すのか…?

でも狗巻くんの喉がヤバいように見えるが…。

 

伏黒が奥の手をまだ隠しているので、それを披露する展開になるのかな?

おそらく影を使った術式かな?

2年との修行パートで影に指を入れる描写があったので、影を使うのは間違いない。

NARUTOのシカマルみたいなキャラになりそう。

 

とにかく楽しみですよ~来週も

毎週たのしみな作品です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は週刊少年ジャンプ2019年10号の感想について書かせていただきました。

まとめると、

  • 『ワンピース』『呪術廻戦』が面白い
  • 絶対読むべきオススメ作品は『アクタージュ』
  • 『チェンソーマン』も地味に面白い

以上になります。 

 

『チェンソーマン』は自分の中でガッツリ来てる作品なので、正直贔屓目で見てます。

読み逃してる方は是非読んでみてください。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。