Welcome to Silent hill

週1の楽しみである週刊少年ジャンプの感想や、地元静岡のことについて書く「地域密着型脱力系雑記ブログ」

【レビュー】「有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦」エピソード6(最終話)の感想

f:id:tnkbnbn:20180917105811j:plain

こんばんは。毎週金曜日更新の「有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦」

最新エピソードの「エピソード6」が追加されました。

今回でシーズン1が終わりみたいです。

 

そんな感じで感想書いていきます。

普通にネタバレありですが、面白いとこを紹介しちゃうんで良かったら読んでいってください~よろです~

 

 

ちなみにこの番組、Amazonプライムビデオ独占配信になってます。

まだ登録してない方はこの機会に是非~!「シン・ゴジラ」とかも観れます

 

正直、今回賛否両論って感じです。どっちかと言えば否定的な意見・感想が多いです。

多分見てもらえれば何となくその理由も分かると思うんですけど…

 

 

「有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦」ってどんな作品?

f:id:tnkbnbn:20180803230450j:plain

 有吉弘行。2018年テレビ、ラジオのレギュラー番組12本も持つお笑い芸人。そして超人気の司会者。そんな男がある日、彼のラジオ番組で「ぬるま湯につかってる」と発言。そんな有吉の悩みを叶えるべく、ある番組への出演をオファーした。その内容はいたってシンプル。ある課題をクリアすれば、Amazonプライムで好きな番組を制作することができる。クリアできなければ、丸坊主になってもらうというもの。これは極限状態の中で笑いを求めるお笑い芸人たちの記録である。

(引用:有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦 | 動画 | Amazonビデオ

 

 超売れっ子司会者になった有吉さんが、久々に体を張るバラエティ番組。一緒に課題を進めていく芸人も、軍人に近い人物で安定感があります。

Amazonプライムビデオ独占配信作品。

「ドキュメンタル」や「有プロ」、「仮面ライダーアマゾンズ」と同じ感じです。プライムビデオでしか見れません。

 

魅力はテレビ番組にはないお金のかけ方。とにかくジャブジャブにビッグマネーを投下して作られているので、仕掛けがデカくて派手。

あと放送コードも何もないので、下ネタもガッツリ入ってます。この辺は「ドキュメンタル」と一緒で、人を選ぶ笑いの要素が入ってると思ってください。

特にエピソード3から下ネタが激化してます

 

今回のエピソード6は最終回。一通りアトラクションが終わったあとのお話なのでドキツイ下ネタは少なめです。そして流し見するのに最適な映像になってます。

そして何より再生時間が4時間強

 

色々ありますが、何も考えずに楽しめる番組であることは間違いないです

 頭を空にして見る事をオススメします!

 

エピソード6(最終話):届けられたSDカード

課題を見事クリアした有吉とメンバーたち。晴れて有吉のやりたい番組を作るため、制作スタッフとの打ち合わせを行うが…そこで衝撃の事実が発覚!予想外の事態の中、一体どんな番組ができたのか?スタッフの元に届いたSDカードの中にその全貌が収められていた。

(引用:有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦 | 動画 | Amazonビデオ

 

クリア後の話です。

どんな番組を作るのか!期待を膨らませてた視聴者も多いと思いますが…

悪い意味で我々の予想を裏切ってくる展開に発展します。

感想:演出込みで考えてもスタッフが一番「ぬるま湯」に浸かってた

感想です。ネタバレします。

エピソード6、最終話なんですけど、とにかくスタッフがひどいな~~~っていう感想です。

 

冒頭、課題をクリアした有吉さんに対して、製作スタッフが

「もう予算がない」「でも尺が余ってる」

などと言う衝撃の事実を打ち明けます。

有吉さんが番組開始前に感じた「危機感」「嫌な予感」がガッツリ的中します。

 

このスタッフの無責任さにキレる人も結構いるみたい。

だからAmazonレビューの点数低いんだよな!!!!

あの課題の数々は何?金かけただけの無駄アトラクションだったのでは?普通にあのメンツでフリートークさせた方が面白いんじゃないか?

っていう感想が多いこと多いこと。

ぼくも実際

「いやぁ~その展開は無いな~~演出にしても古いよな~~~」

って思っちゃいました。

何より芸人が可哀想だった。頑張って番組を面白くしようという芸人側の努力と相反して、スタッフは「ぬるま湯」に浸かってた。全てが芸人任せだったし。

 

そんな「無責任」で「ぬるま湯」にひたひたと浸り続けたスタッフ、有吉さんに「お金は無いけど好きなことやって、残りの尺を埋めて欲しい」と懇願します。

アホかな?

この番組、スタッフがチラチラ映るんだよな!邪魔なんだよ~~~!!!

有能なヤツならまだしも、無能なヤツが画面に映っちゃいかんでしょ~~~!!!!

 

そんな無能なスタッフの要求を渋々飲んだ有吉さん。流石や。

自分で映像を撮ってきてくれるとのこと。

皮肉にも、お金をかけたエピソード1~5より、有吉さんが撮った映像の方が面白い、という事実

 

とにかく演出込みで考えても、スタッフが一番「ぬるま湯」に浸っていたな~と思いました。

感想:有吉さんが撮った「プライベートビデオ」、本編より面白かった。

無能なスタッフに任されて、有吉さんが撮った映像。

これ、冒頭1時間くらいは、有吉さんがゴロゴロする映像で構成されてます

ソファーに座ってリンパローラーでゴリゴリマッサージをする有吉氏、メシを食う有吉氏、電話をする有吉氏…

BGM無く、環境音だけが響き渡るので、作業用動画に最適です。

ちなみに、軍人が使ってたリンパローラー、多分これかな?

 ぼくも買ったんですけどわりと良さげです。

 

ローラー映像が終わると今回の「ぬるま湯大作戦」の打ち上げが始まります。

アベンジャーズの面々が中華料理屋に集まって、お酒を飲みつつワイワイガヤガヤやります。

これが一番面白い。この番組の中で一番面白い。

結局有吉さん含めアベンジャーズメンバーってフリートークが一番面白い!!!

正直、食べ物を無駄にしてるだろ~!みたいな意見もあるかもしれませんけど、トーク内容が面白いんでもう全然OKだと思います。

番組の振り返り、春日イジり、その他諸々が面白い。

 

中華料理屋を後にした一行は、二次会会場へGO。

加えて竹山さんも参戦。

ここから竹山イジリが激化するので最高に笑えます。ロンハーで見る山崎氏と竹山氏の絡みが見れる感じです。

マジでプライベートでもこんなことやってんのか~!っていう驚き。

芸人のイジリ芸が全開です。最高。

 

そして最後に有吉さんからの謝罪文が出てきて終わり…

 

まとめ

金かけまくった本編より、芸人がのびのびしてるプライベートビデオの方が数倍笑えました

 

シーズン2があるなら、普通に有吉さんがやりたい番組を作って流してほしいな~

シーズン1はこんなもんか~!っていう感想でした。個人的には楽しめました!

 

エピソード1~5の感想

エピソード1~5の感想はこちらです。

www.shizuoka-otaku.site

エピソード1で「お笑いアベンジャーズ」を集結、エピソード2で爆発、エピソード3で田中暴走。エピソード4でカンニング竹山のサービスシーン解禁。エピソード5で課題全部クリア。

こんな感じです。