Welcome to Silent hill

週1の楽しみである週刊少年ジャンプの感想や、地元静岡のことについて書く「地域密着型脱力系雑記ブログ」

【レビュー】「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」を読みました。

f:id:tnkbnbn:20180917105811j:plain

おいオタク、筋肉鍛えてるか??

おい、鍛えてるか???

そして本、読んでるか??読んでるよな??

 

 

こんばんは~オタクです。

最近はkindle unlimitedに登録したので、ガンガンに読書してます。

これこれ~!!

これとprime readingについて過去に色々書いたので、そっちも読んでいただけると、このプログラムがメチャクチャ良い事が伝わると思います

www.shizuoka-otaku.site

全然関係無いんですけど、ぼくは原幹恵さんが大好きです。

 

そんな感じで今回読んだのは、これ!w

 

「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」を読んだ

この本。著者はTwitterで筋トレ至上主義を唱えるTestosterone氏(Testosterone (@badassceo) | Twitter) 

正直、この人の本とかtweetとか、ちょっと宗教染みてるな~って思ってて避けてたんだけど、実際読んでみたら内容も結構ちゃんとしていて評価が変わったね。

 

内容をざっと説明するよ。

・世に蔓延る「間違ったダイエット法」

・重要なのは「食べ方」 

「マクロ管理法」

・ハイパフォーマンスな食品・食事メニュー

こんな感じ。付録に筋トレ用高たんぱく低カロリーなメニューがいっぱい載ってます。

 

結構勉強になったので感想書きます。

 

「楽」「簡単」という言葉に騙されるな

現代に蔓延るダイエット法。もう本当に数えきれないほどある。

朝バナナ、納豆、アサイーボウル、炭水化物抜き…

彼はこれらのダイエット法が間違っていることを指摘している。

 

例えば朝バナナの場合、たんぱく質が不足してしまい筋肉が分解されてしまう。

必然的に筋肉量が減少していくので、代謝が落ち、「太りやすく痩せにくい身体」が出来上がってしまうのだ。

そして何より、人それぞれ体重や体形は異なるのに、「朝はバナナ1本!そうすれば痩せます!w」っていうのはおかしいのだという。

確かにそうだなぁ~~鋭い指摘に普通に納得してしまった。

 

世間は簡単な方法で、理想の体型を求めようとしている。

この世界は等価交換で成り立っている。そのため、簡単な方法で手に入るのは、それ相応の体型でしかない。

理想の体型を追い求めるなら、しっかりとしたトレーニングや食事を取るべきだと彼は言う。

 

絶対筋トレは外せない

痩せようと思ったら、まず筋トレなんだってさ。

代謝という観点からしても、トレーニングは必須だとか。

結局、トレーニングの後もエネルギーを使っていくので、イメージ的には運動中から運動後まで燃焼する感じになる。いいね~~

 

ガンガン筋トレして代謝を上げておこう!っていうのも彼の主張だったよ。

 

ランニングじゃなくて「筋トレ」

脂肪燃焼といえば有酸素運動!有酸素運動と言えばランニングや!!!!

っていう発想に陥りがち。俺もそう!!!!!

 

でもそれは効率が悪いみたい。

ランニングで消費できるカロリーって本当に微々たるもの。

それならば、筋肉鍛えて、代謝を向上させた方が良いらしい。

もしランニングで痩せたいなら、筋肉をガッチガチに鍛えた上でやると良いみたい

 

ちなみにぼくはHIIT(高強度インターバルトレーニング)っていうのを最近始めてみたんですよ。

バイクで20秒全力→10秒流し→20秒全力を8セットくらい。

4分くらいで終わるんだけど、結構ハードで足もパンパンになる。

頻度は週1くらいで良いみたい。ランニングとか飽きちゃう人はオススメ。

recreation.pintoru.com

 

 

やっぱり重要、「食事」

どんなハードな運動をしても、食事がダメだったら身体は出来上がって来ないよね、っていうお話。

 

ぼくみたいな筋トレ初心者は、とりあえずたんぱく質をいっぱい摂取出来ればいいかな…っていう短絡的な思考に陥りがち。

そういう事じゃないんだって。たんぱく質はそりゃ重要だけど、本当に重要なのは各々に合った食事

 

そこで出てくるのが「マクロ管理法」

計算式に自分の年齢や体重をぶち込んで、そこから算出されたマクロ栄養素(たんぱく質・炭水化物・脂質)を取ればいいだけ。それだけ。

指定された数値から±10~20くらいの量で良いので、ざっくりとした計算で取るようにすれば良さそう。

 

「マクロ管理法」について試してみたいって人は下記のページから数値出せるのでやってみて~!

書籍用マクロ計算ページ | DIET GENIUS.jp

 

ぼくは自分の身体を使って実験してます!!!!!!見とけよ!!!!!!!

 

 

Testosterone氏の「筋肉至上主義」と「筋肉万能説」

 

筋肉があれば全てが解決する!!!!!筋肉こそ全て!!!!!筋肉最高~~!!!!!!

っていうのが彼の主張だと思う。

 

ぼくは筋肉は万能ではないと思ってるし、筋トレなんて自己満足でしかないと思う。

鬱病だって筋トレで解決する!とか言われてるけど、絶対そんなことない。

 本当に病んでたら動く気力なんて湧かないんだよなぁ~~~

毎日ヘドロみたいにベッドの上で倒れてるだけなんだよなぁ~~~~~

彼が元鬱病患者だったら、筋トレが鬱病に効くってのも納得できたかもしれない。でもまぁ違うから若干説得力に欠けると思う。

勿論、実際筋トレして病んでる状態から抜け出した人も居るかもしれないが、一概に筋トレが絶対効くとは言い切れないはず。

 

鬱病だけじゃなくて、非モテにも筋トレ!みたいなことも提唱している。

これは本当に賛同出来ない。

なぜなら筋肉無くてもモテるヤツはモテるので…

筋トレよりヘアスタイル・ヘアカラー・ヘアセットなど髪型に関する事とか、ファッションについて”鍛えた”方が、圧倒的にモテるようになると思う。

結局顔だよな!!!!!!!!!!!!!!!!

でも自分に自信をつける動機付けに、筋トレを始めるのは良いと思うんだ。

 

おわりに

彼の最近のtweetを見ると、もう完全に意識の高い人間に向けたメッセージしか無くて驚いてしまう。

 

 

社長だからね、多少はね。

響く人には響くメッセージなんだろうけど、ぼくみたいに捻くれた人間には何も響かなかった。悲しいなぁ。

 

この本を読むまで、「この人の本、本当に大丈夫か?」って心配だった。一部の熱心な信者に担がれてるだけなんじゃないかって思ってたし。

でも実際、タメになることだらけだったし(彼がちゃんとトレーニング理論を学んでいたこともあって)、勉強になった。正直、自分の中で、彼に対する評価が変わった。

今まであった胡散臭さとかは抜けたし、ちゃんとした理論で成り立ったトレーニング方法、食事法を提唱していたので、信頼出来るように思えた。

 

あとは「マクロ管理法」を実践してみて、どれだけ身体に結果が出てくるか!!!!!!

そしてこの夏、彼女を作ることができるのか!!!!!!!!!!!!

オタクの挑戦、始まります!!!!!!!!!

 

おっさんずラブ最終回、まだ見てないのでそろそろ見ます。早めに見ないとネタバレtweetに殺されてしまうので…