Welcome to Silent hill

週刊少年ジャンプの感想や就活、静岡のことについて書く「地域密着型脱力系雑記ブログ」

週刊少年ジャンプ感想 WJ41

f:id:tnkbnbn:20180917105426p:plain

週半ばでやっと書きます。今週のジャンプ感想文。

表紙&巻頭カラーは「約束のネバーランド」。人気投票の結果発表も。

巻末コメントでわかったんですけど、今最終章なんですねこれ。

もうちょい話広げてズルズル続けられそうだけど、キッチリとダレないように終わらせるみたいだな~

 

 

 約束のネバーランド

最終章。とにかくカラーページが面白い。鬼が第4の壁をブチ破って、読者を意識してることがわかる。人気投票結果にワクワクしてる鬼一同、かわいい。

 

鬼の街に潜入する話。ほのぼのしたコマもあるけど、人間が瓶詰にされてんのはやっぱエグい

我々は豚や牛や鳥を普通に食ってるけど、人間を食うことってないじゃん?でもこの作品の鬼は、俺らが牛肉食う感覚で人間食ってるんだなぁ…って思うとなんか複雑な気持ちになる。

と同時に鬼には鬼の世界、生活があるんだな、と思わされるな~

 

ってことは、今の世界を壊そうとしてるエマ達ってヤバいんじゃないか?ってふと思っちゃった今週号でした。

 

呪術廻戦

※贔屓漫画なので多めに書いてます

今週も最高だな!

 

先週号の感想記事でも書いたけど読者的に

「吉野完全に闇堕ちしちゃう~!!!!!」

「虎杖救って~~~!!!!!!!」

っていう想いでいっぱいだったのよ。

 

そして今週号。虎杖は見事に吉野を救います。

あと何気に固陋蠢愚」を回収してます。(虎杖が吉野に対して放った「自分が正しいと思いたいだけ」というセリフ)

今週号だけで、大人と子供の意見衝突(子供が押し切るけども…)、吉野の式神(クラゲ)・術式(毒)の判明や、彼の母の死を虎杖が知る、高専への勧誘などなど…色んな話がドカドカ詰め込んでありました。

情報量多いのに、ちゃんと整理してあるおかげで本当に読みやすい。スッキリしてる。

疑問:虎杖に毒が効かなかったのは何故?

疑問です。吉野の術式は毒。クラゲの触手に毒針がついてて、それに刺されると毒が回るシステムだと予想される。

実際、虎杖にぶっ刺してるコマがあるし、毒針を介して毒を回す感じで正解だと思う。

でも虎杖には毒が効かなかった。何故?

 

仮説①:家庭の事情

虎杖に関して、両親の描写が今のところないので、「本当はゾルディック家出身でした!」ってことがあれば、毒が効かなかったのも納得できる。

ってことは電気も無効だな!

 

仮説②:吉野側の問題

おそらく「呪い足りない」状態だったので、毒が不完全な状態だったのでは?そりゃ滅多に心を開かない順平が、唯一心を開いて喋ったお友達ですからね。本気で呪うなんてこと出来ないよね。

怒り怨み呪い、順平が虎杖に対して、もっと負の感情を抱いていなければいけなかったのかもしれない。

 

あと予想だが、藁人形式の呪い(対象をチョイスする呪い)で、負の感情をぶつける事で毒がトリガーするんじゃないか?と思った。

 

あ、でも術式が毒ってだけだから、毒針以外の形状でも、毒を散布することも出来ちゃうのか。今回はクラゲの式神使ってたけど。

今後の展開予想

個人的に、順平くんは高専側の人間になると思います。

人数的に4人1チームになるんじゃないかな?前日譚の「呪術高専」だと、現2年組もおにぎり、メガネ、パンダ、乙骨先輩の4人で動いてたし。

敵も今んとこ4人。フォーマンセルってことね~~~なるほどね~

 

不穏なのが今週号最終コマで変なポーズをしてた真人

虎杖と順平が共闘するか!?それとも七海がダッシュで駆け付けて、時間外労働か!?

ってなると、七海過労死のパターンも考えられる。

順平と真人が接触した時、順平の魂イジってなかったか?大丈夫か?急に変形したらビビるからな?

 

来週が楽しみだよ。真人とどんな感じで衝突するのか…

田中誠司

グラップラー刃牙かな?