Welcome to Silent hill

週刊少年ジャンプの感想や就活、静岡のことについて書く「地域密着型脱力系雑記ブログ」

週刊少年ジャンプ感想 WJ38

f:id:tnkbnbn:20180917105426p:plain

表紙は「銀魂」

実写映画、絶賛公開中!!!!!!!!

そしてあと5話で最終回!!!!お疲れゴリラ

 

 

ワンピース

ワノ国編。

お菊は確実に「男の娘」だろうな…最高だな…いよいよ尾田もショタサイドに堕ちたんだな…

明らかに身長がデカ過ぎるんだけど、デザインミスかな?意図的かな?

 

ワードだけ登場するのが将軍オロチ。マゼランかな?

彼の配下は人造悪魔の実、smileの能力者。カイドウはこれを使って能力者集団を形成してます。

今回出て来たのは、コウモリガゼル。動物系~!

 

お玉がコウモリとガゼルくんに拉致され、それを追うルフィ、ゾロ、お菊。なんと、海賊と役人が居る「博羅町」に突撃します。

完全にヤバイだろこれ!ゾロって前に役人切ってなかったか?今って逃走中なんじゃない?ヤバイだろこれ!

ぼくと同じように、ルフィ一味を心配してたのがロー

ラストのコマでメチャメチャ焦ってるローが見れます。おもろい

 

ローも刀持ってるじゃないですか。妖刀「鬼哭」

これ、ワノ国編で何か起きそうじゃないですか?ぼくはそんな予感がします。

とにかく刀持ってる輩がドンドン集まってるワノ国編。チャンバラが始まるのを楽しみに待ってます。

呪術廻戦

センターカラー!!!!!!!!!!!!!!嬉しい!!!!!!!!!!

あと、「次に来るマンガ大賞」のコミックス部門6位おめでとう!!!!!!

9月には2巻が出ます!!!!!!!!!!!みんなよろしく!!!!!1

 表紙は伏黒!!!!!!!!!!!!

 

感想

さて、本誌。七海vs真人の対決が続いております。

真人の攻撃がエグい~!ポンポン投げてる道具が全部人間であることを考えると、スゲー胸が痛くなる~!

さらにエグいのが、魂をイジられた人間、まだ若干意識が残っているんですよ。

キツ~!!!!このキツイ感じ、「鋼の錬金術師」のグラトニー体内でのエンヴィー戦を思い出すよ。

真人が投げた人間が涙を流すんですよ。それを拭う七海さん、本当に優しさが垣間見えてしまう。最高。

七海と言えば感情の無いロボットみたいな人間というイメージが強かったんですけど、本当は優しいんだなって…良い人なんだな…

 

バチバチにやり合う七海と真人。

真人に魂をイジられそうになり、追い込まれた七海はネクタイを外して「時間外労働」に入ります。

そして「破壊した対象全てに呪力を込める」という術式を使用。同時に弱点を強制的に出現させ、真人をボコりますが…

 

夏油がニヤついてんのスゲー怖いな~!

あとミミズ人間ってどう考えてもムカデ人間のパロだろこれ!この作者B級映画好きか?

マジで毎週楽しみなので早く次のお話を読みたい。

新要素:制約

今回、新しい要素として「呪力の制約」が出てきました。

普段は呪力を制約しておくことで、制約解除時に呪力をアップさせる。みたいなシステムかな?

予想なんですけど、七海の制約は「時間内に倒すこと」だと思うんですよ。

時間外になった(定時までにケリがつかない)場合、「残業代」として呪力が高まっていく。いや~!残業代がしっかり出るってちゃんとしてる会社じゃん!!!

やっぱり七海の「残業はしない」「定時上がり」「仕事は早めに終わらせたい」という思いが伝わって来る制約だな~と。

 

これも予想、仮設なんですけど、制約には「アイテム」が絡んでくると思うんですよ。

七海の場合はネクタイ。あと、五条の目隠し布も制約アイテムにあたるんじゃないかな?

五条は領域展開の時だけ、目隠し布を取りますよね。普段はアレをつけて生活する、っていう制約があるから、呪力のパワーアップと領域展開が可能になるのでは!?というクソみたいな予想。

「高専」だと目隠し取ってたよな?アレ…?

 

アクタージュ

面白い。喜怒哀楽の表現方法が抜け落ちてた夜凪だけど、今回表現方法を獲得します。

本当に簡単なことに気付けてなかった夜凪さん。自分が笑えば相手も笑うって、考えてみれば「そうだな~」と思う。説得力がある。

 

阿良也ヤバくない?

理解するまで追い詰めるってことじゃん?すごい怖い

完全にストーカーでヤバイ奴なのに、夜凪はわりとクールに断ってるのもじわる。

 

そうそう、次来るマンガ大賞に選ばれてます!おめでとう!!!

アクタージュはマジで打ち切りルートだと思ってたんだよな~!でも途中から明らかに面白くなったんだよな!

楽しみ~!