備忘録

若いオタク男性が色々と語ります。

MENU

ぼくの「脱ネトウヨ体験」を聞いてください

現ネトウヨの方、元ネトウヨの方、初めまして。こんばんわ。

前日書いた記事が未だにヒットしてるぼくですよ~こんばんわ

 

そんなぼくが以前「ネトウヨ的思想」に染まっていたこと、そこから抜け出したことについて書いていくので良かったら読んでください~!

 

 ぼくら世代はネットと共に成長していった世代

ぼくは現在20代ギリギリ前半。根暗で陰キャなオタクです!!!趣味は筋トレとゲーム、そしてサウナ。嫌いな事は「労働」

そんなぼくと同世代(±1~2歳くらいの方は当てはまるんじゃないか?)の人たちって、インターネットがすぐそばにあったんですよ。

生まれた時からパソコンがあって、小さい頃からキーボード触ってたと思うんですよ。まぁ家庭によって触り始める年齢は変わって来ると思うんですけど。

少なくとも、大体みんな小学生の頃には、バンバンにパソコン使ってた記憶があります。

今もガンガンにパソコン、スマートフォンを駆使してネットを使ってます。だから我々の世代って本当にネットと一緒に成長していった世代だと思うんすよね。

「おもしろフラッシュ」と「2ちゃんねる」

ぼくらがパソコン触り始めた時にメッチャ熱かったのが「おもしろフラッシュ」

みんな見てたんじゃないかな?

 

 Youtube、ニコニコ動画が流行を見せる前、一世を風靡した動画達があった。 それはFlash動画。現在でもニコ動のプレーヤーに使われたりして目にする機会が多いFlashだが、かつては動画≒flashと言っていいくらいのシェアを誇っていた。作られていた動画は時事ネタ、アニパロ、MAD、空耳などなど。現在のニコニコ動画の動画達の源流ともいえるような動画が生まれていたのである。

 (※ニコニコ大百科から一部引用)

 面白系からゲーム、ホラーや感動モノまで、マジで色んな作品がありました。パロネタも多かったり、時事ネタも扱っていたり。意味分かんないけどウケるな~みたいなノリで見てた記憶があります。

 

そんな「おもしろフラッシュ」、2ちゃんねるのネタもいっぱい入ってたんですよね。当時ぼくらにとって、2ちゃんってメッチャアングラなイメージがあって(多分ネオ麦茶とかのイメージで)、未知故の恐怖感がスゲーあったんすよね。

そのイメージが吹き飛んだのが「フラッシュ」。AA(アスキーアート)のキャラクターが格闘ゲームになったり、感動系のフラッシュになったり、マスコットキャラクターみたいな存在になってました。

 

あと「2ちゃんねる」のイメージが変わった大きな要因として「電車男」の存在は欠かせないと思います。

電車内で暴れる男から若い女性を助けたヲタクの青年が、ネット掲示板の仲間たちの助言やアドバイスに助けられ、彼女をデートに誘う物語を描いたラブストーリー作品。

今思うとスゲー釣りクサイんすけどね~でもドラマとかガッツリ観てました。多分同世代のオタクは絶対見てる。

この作品によって、今まで未知の存在だった「2ちゃんねる」が若干身近に感じられるようになったんすよ。若干ね。

「まとめブログ」の登場。ネットこそ真実

丁度ぼくらがネットに慣れてきて、チャットや掲示板で色んな人とコミュニケーションを取り始めた時に「まとめブログ」が出てきました。メッチャ増えてました。所謂「2ちゃん」のまとめブログ。

当時は娯楽コンテンツの1つだと思ってたんですよね。笑えるスレッドがまとめられてたんで、それ見てゲラゲラ笑ってました。

スゲー好きだったのがジョニー日下部氏、中川翔子(しょこたん)をパロった「しょうたん」の方が有名かもしれない。うまい棒でイカダ作って川渡ろうとする企画とかスゲー好きだった。

そんな感じで日々面白いネタをまとめてくれるのが「まとめブログ」でした。

 

時事ネタもまとめられてました。ネットなので新聞やテレビニュースよりも情報が早い。

結構見てたんですけど、これが良くなかった。

この「まとめブログ」、とにかく中国、韓国に対して敵対心剥き出しの記事を書いていたんですよね。あと日本スゴイ!みたいな記事。

で、こういうネタってなかなかテレビや新聞で報道されてなくて、「日本のメディアって何やってんの…?」って思い始めたのもこの時期だったと思います。

今も日本のメディアはアレだな~って思いますけどね。別の意味で。

当時よくあったのが「○○法改正案で日本は滅びる!」みたいな記事。だから、この法案を通そうとしてる人間は日本の事を考えてない!みたいな。今考えると疑問しかないんですけどねこれ。

当時のぼくはピュアだったので「マジで日本やばいやん!」って思って掲示板にスレッド立ててました。

 

「日本スゴイ!」みたいな記事、何故かいっぱい見たんすよね。日露戦争でロシアを打ち破った日本は凄い!誇りに思おう!みたいな記事。スゲーいっぱいあった。愛国心を持とう!みたいな。

実際凄いと思う。でもそこまで誇りに思う必要あるの…?って今考えると疑問に思っちゃうんですけどね。当時はピュアだったんで「日本スゴイ!誇りに思うぞ!みんなも自虐史観はやめよう!」みたいなこと言ってました

 

そんな感じでテレビや新聞で報道されないことがネットには書いてある→ネットこそ真実!

みたいな思想に染まっていったわけですよ。

「脱ネトウヨ体験」

こういう思想から抜け出して今があります。抜け出せた理由を考えてみたんですけどイマイチ分かんないんすよね。

思いつくモノで言えば「急に冷めた」

メチャメチャ好きだったものが急に「あれ?」ってなるあの現象!それが来たんですよ。

なんか中国、韓国に対して敵意剥き出しで生きるのって辛くないか?バカバカしくないか?って急に思い始めて…

キムチも美味いし、中国は経済成長してスゲーなって思うし。

 

昔、完全に偏ったブログを結構見てたんですけど、記事についてたコメントに

「元ネトウヨがサヨクになる」

って書いてあったのを今でも覚えてます。実際そうなんじゃないかな~って思ってるんですよね。わかんないけど

 

まとめ

ネトウヨ思想に染まってた時代、今思うと差別的でスゲー恥ずかしいんですけど、逆に当時は日本のことについてメッチャ調べていたんで、それは良かったんじゃないかな~って思ってます。

今の思想から脱出しろ!なんて全く思いません。むしろちゃんと思想を持ってる人てスゲーなって思いますよ。

右左関係なく、とにかくこれから日本が良い国になってくれる事をマジで切に願ってますよ~

ぼくの「脱ネトウヨ体験」は、「自然と思想が抜けていった」という話でした。

 

追記(2018/08/08)

こんな記事を見つけました。

news.nicovideo.jp

内容は良いんですよ。実際アイドル活動に国籍なんて関係ないだろって。パフォーマンスで人を楽しませるのってマジで国籍関係ないと思うんで~~

スゲー良い楽曲を出すアーティストが韓国人だとしても別に差別しないのが「普通」じゃないの…?

わざわざ忠告してくれるファンの気持ちも分かるんですけどね。親切心でこういうアドバイス送りたくなるんですよね。

まぁでもナイーブな話題であることは間違い無いんで、面倒事を避けたいなら言及しない方が吉かな?って感じですよね。

 

うん、この仲川さんが言ってることは間違ってない!俺は間違ってないと思ってるぞ!!!

で、このコメント欄がスゲー地獄!

覗いてビックリした。本当にネトウヨに染まってた時代の俺がいっぱい居る感じ!

マジでみんな見て欲しい!で、みんなどう思うか!!!!!

俺は「えぇ…」ってなった!