Welcome to Silent hill

週刊少年ジャンプの感想や就活、静岡のことについて書く「地域密着型脱力系雑記ブログ」

週刊少年ジャンプ感想文 ~WJ24

f:id:tnkbnbn:20180917105426p:plain

ずっとサボってたので

 

 

 

ワンピース

マム編(ケーキホールアイランド編)が終わり、レヴェリーへ。

マム編の終わり方は何か「終わった~!」っていう感覚が薄かった。マム自身を倒した訳ではないからかな~

ただ、「生きるためには何かを食べないとダメだし、食わなきゃ死ぬ」みたいなメッセージが最後の最後まで強く出ていたように思う。

サンジは最後まで料理人としての役割を全うしていた。敵だろうと味方だろうと空腹なら腹を満たしてやるという事を最後まで本当に実行していたのは凄いと思う。

まぁサンジで始まりサンジで終わる、敵をボッコボコに潰した訳ではないからスッキリとした感じは弱いんだけど、ラストのコマは章のシメとして最高のモノ。

 

レヴェリーに突入する。

麦わら一味の賞金が上がったり、革命軍に動きがあったりして面白い。

特に今回革命軍のメンバーが続々判明したり、エピソードの深堀りもありそうでスッゲー期待できる。

サボの動き、天竜人との関係も荒れそうだし面白そうでヤバイんだよな~

 

呪術廻戦

ずっとオサレ臭がしていたこの作品。

最近虎杖がポックリ逝ったり、パンダが出て来たり、やっぱりオサレ感が凄い。

 

最新回ラストのコマは多分精神世界だろうな~

NARUTOの九尾みたいなシステムで力借りるようになるのかな。

そうすると虎杖が何かしらの特異体質であること(これはクリア済み)と特殊なエネルギーとか持ち合わせてないと、宿儺が力を貸すとは思えないんだよね

どうなるんかな~~~

 

トマトイプーのリコピン

もしかして打ち切り?

最新回で完全にシリアスなオチでビックリ。

時事ネタ入れまくりな作品だったから、偉い人から叱られたりクレーム入ったりして、一気に打ち切り…みたいな感じだったらショックだな~

 

ってか現状だとめめちゃんが精神疾患者でしかないんだよな。

ギャグ漫画だけど、シリアスな要素をしっかり考えてみるとこうなっちゃう。エグイ